2018年9月アーカイブ

2018
09/30

子どもの教育を援助する制度(奨学金制度)

こんにちは。

茨城県つくば市にあります、保険と相続と住宅ローンの相談室、 ほけんのグッチーくん
ファイナンシャルプランナーの藤井です。

今回は、子どもの教育を援助する制度についてお話しします。


みなさん、奨学金制度ってご存知ですか?


名前は聞いたことがあるけど、良く知らない。。。

大学生のお子さんが、いらっしゃるご家庭でしたら、必ず聞いたことがあるワードだと思います。

また、高校3年生のお子さんが、進学を考えた時も、ちょくちょく出てくる言葉です。

子どもが進学して勉強をしたくても、経済的に余裕がない。そういったご家庭にとって強い味方になる制度です。


だだし、問題もあったりします。



困ったときに援助をしてくれる制度ですが、無償で貰えるわけではなく、お借りするのです。借金を抱えるわけです。



誰が借金を抱えるのか?


そうなんです。奨学金の申し込み者は、お子さん本人となるのです。卒業後に本人が返済していくのです。
(返済義務のないものもありますが)


奨学金を受けるためには、審査があり、採用となり、低い金利(又は無利息)でお金が借りられるようになります。

そして、めでたく進学、進級、卒業となります。



実はそこからが大変。。



卒業後には就職。そこから返済が始まります。

大卒の初任給は、平均で20万3,400円です。(平成28年賃金構造基本統計調査より)

各種保険、所得税、住民税など必ず引かれるものを入れると、手取りで16万円ほどでしょうか?

さらに、家賃、生活費、交際費、食費、通信費、などが約14万円。(首都圏新入社員平均は13~15万円)

これらを差しを引くと・・・

残りは、2万円ほどとなります。


例えば、ある奨学金制度から、月額10万円を4年間分借りたとします。

返済額は、月2万6千円(返済年数20年。繰り上げ返済などがなかった場合)となります。


年を重ねる毎に昇給がありますし、この生活に慣れ、余裕は出てくるとは思いますが、

この生活が42歳まで20年続くわけです。


42歳になるまでのイベントを考えると、結婚、出産、家の新築・・・など


そして、子どもの教育ローンです。。。涙


行き当たりばったりでは、解決できない問題です。

奨学金の場合、大切なのは、20年後の将来を見据えて、事前に計画を立てて借りることです!

学校へ行けるための奨学金ですが、学校へ行く理由は、将来のために学問を学ぶことですよね。

将来の生活が犠牲になってしまっては・・・


現在返済中の方は、他のローンも含め、将来を見据えた計画を立て直すことが必要だと思います。


現在のご本人の幸せ、将来の大切なご家族の幸せのために、ライフプランをお考えになることをお勧めします。







2018
09/29

自賠責保険と自動車保険

こんにちは、有限会社エルアイエーの「ほけんのグッチーくん」です。

大型台風24号接近! というまたも災害級天候の話題がニュースを埋めてますね。

風速50mを超えて被害が出始めているようですが、「風速50mってどんなもの?」って思いました。

ちょっと調べてみたところ自動車が横転してもおかしくない風速......らしいです。

とんでもない話ですねぇ、実際に車が横転している動画もあるようなので笑えない。

実際風速20mくらいから大人も歩けるかどうかなので、今回の台風はその倍以上!

倒木や落下物などの危険もありますので、皆様お早めのご帰宅を心がけてください。

さて前回、自動車保険のことについてお話したのでもうしばらく自動車保険についてお話していきますね。

自動車保険と一緒についてくる話題なのですが、自賠責保険と自動車保険ってどういった違いがあるのでしょう? 今回はこれにしようかなと思います。

自賠責保険は強制保険といわれます、だから公道を走っている車は(バイク含む)全てが加入しています。

これに加入をしていない車はそれだけで違反となり、免停すら起こりえる法律違反です。(そもそも加入していないと車検が通らないんですけどね)

じゃあどうして自動車保険にも入るのかって話なのですが、これは上乗せ部分と言われる保険なのです。

ちょっとここでわかりやすく整理をすると、そもそも自賠責保険と自動車保険の「補償の目的」が違うため、いわゆる視点が異なっています。

どう違うのかというと......


・自賠責保険→「被害者の救済」視点=ある日突然被害に遭われた方がなんの補償も得られない最悪のケースを避けるために「皆が強制的に加入する保険」


・自動車保険→「加入者の補償」視点=自賠責保険では足りなかった被害者への賠償責任や壊した物への補償、壊れた自分の車の修理費、そして自分自身の治療費、弁護士費用etc......


となります、保険が見ている"人の立場"が違うから補償する内容も大きく異なるんですね。

自賠責保険はあくまで被害に遭われた方のための保険なので、それだけでは足りない部分を自動車保険が包括して担っているということです、なので「上乗せ部分」という言い方をします。

運転をしていてヒヤッとする場面って、長い人生で運転をしていると必ずあると思うんですけれど、保険証券が手元に届いた時にはその時を思い返して補償範囲の確認をしてみるのをおススメします。(年に一度くらいなので)


mm
2018
09/27

月旅行

こんにちは! ほけんのグッチーくんです。

"地球は青かった" ~ユーリィ・アレクセーエヴィチ・ガガーリン~

アポロ計画が月へ人類を到着させてからしばらく経ちますが、ここ数年になって宇宙への旅が話題によく上がるようになってきましたね。

衛生や宇宙ステーションなどでたまに話題にはなっていたのですが、遠い星への移住計画や月への旅行など、いよいよ専門家のみならず民間人でも宇宙を目指せるという事なのでしょう。

ZOZOTOWNの前園社長もアーティストとともに月旅行へ向かうとか! もう宇宙は別世界ではないんだなぁと感じます(旅費はまだとんでもないですが)

ちょっと宇宙でネットを見てみると、火星移住計画とかもあるのですね。

ただよくわからないのが片道移住って......もう地球に帰らないで火星に行くってことですよね?

でも応募が十万単位でいるってのが凄いです。

2018
09/19

自動車保険と賠償責任

こんにちは! 有限会社エルアイエーの「ほけんのグッチーくん」です。

保険って様々な捉え方があるとは思いますが、一番聞いたことがある保険って自動車保険ではないでしょうか?(偏見ですかね?)

といっても自動車保険、お車をお持ちの方にとってほぼ必ず加入されていると思うのですが、加入する時に説明してもらってわかっても、しばらくすると「なんだっけ?」となるのはあるあるだと思います。

なので今回から自動車保険について、ちょこっとずつ紹介していこうかなと思います。

今回はこれですね、賠償責任ってなに? です。

民法には、「故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。」とあります。

つまり自動車保険で代表的な補償の対人対物賠償というのは、「車を運転中に間違って事故をしてしまった場合、他人に弁償してほしいと請求された時の補償」というわけです。

人にぶつかったら対人、電柱や塀などの物にぶつかったら対物です。 このあたりは文字の通りですね。

このような当たり前でしょと言われてしまいそうなことをなぜ書いたのかというと、保険金が支払われないケースに該当するときに重要だからですね。

どういうことかというと、自分や家族を車でぶつけても保険金は支払われないということです。

なぜかというと家族に賠償責任を追及するのは通例ではないから。

例えばお父さんが息子さんを駐車場で気づかずに轢いてしまい、ケガをさせてしまったとしましょう。

そのケガは治療しなければなりませんが、息子さんはお父さんに損害賠償を請求するってことはありませんよね。(喧嘩くらいはするかと思いますが)

それが通例であるために、自分の身内をケガさせた時は賠償に関する補償からは保険金が下りないということになります。


あともちろんですが、無免許や飲酒運転、危ないクスリで正常な運転ができない場合にも保険金はでません!


飲酒運転、ダメ 絶対

飲むなら乗るな、乗るなら飲むな......ですね、ホント。
2018
09/11

海外旅行保険について


お盆も終わり、茨城のつくばではようやく極暑から猛暑くらいの体感になりました(9月といってもまだ暑いですけれど)

"異常気象"という言葉がもはや常態化し、いよいよ今年の暑さは"災害"に認定すべきでは? なんて話もありましたよね。

不思議なもので感覚の慣れというべきなのかどうなのか、これくらいの暑さと湿度なら快適さすら感じています。

(20年くらい前なんて、30度近くなったら今年最高とか周りも騒いでいて、かなりしんどかった気がするのですけれど......)

皆さんお疲れ様です。

お盆の間の過ごし方は帰省というイメージが一般的かと思いきや、最近では海外への旅行も多いみたいですね。

ですので今回は海外旅行保険をちょっと御紹介しようかと思います。

資料によりますと海外旅行でのトラブルって

1健康関係72.9%

2.手荷物関係16.4%

3航空機関係5.2%

なのだそうです。(2016年調べ)

こうしてみると、ほとんどが健康関係トラブルが占めている......慣れない文化や気候にやられるのでしょうか?

もしこれが本当だとしたら怖いものです、災害レベルの気候を耐える日本人をも超えるナニかが海外にはあるのかも(汗)

さて、旅行というと旅行会社などが旅行保険加入などもセットに行っているところが多いみたいですが、改めてパンフレットを見てみますとなるほどと思います。

ケガや死亡、後遺障害などはまぁわかるのですが、緊急歯科治療費用というものがあります。

これを見て「なるほどなぁ虫歯かぁ......」ってなりました(虫歯ってだけじゃないんでしょうけれど)

自分は旅行中になったことはないですけれど、確かに虫歯になったら旅行を楽しむどころではないですね。

海外に行ってまで虫歯は......泣きたくなる。

でもイザこれがあったらほんとに嬉しいですよね、具体的に痛みまでイメージしやすいのでありがたみ(?)も感じます。

海外旅行にいくと携行品も盗難に遭いやすいので、今度海外旅行の予定がございましたら是非とも検討してみてください。

2018
09/10

地球温暖化と飛行機雲

こんにちは! ほけんのグッチーくんです。

地球の温暖化問題は様々な議論を呼んでいますよね。

原因は一番メジャーなオゾン層のみならず牛のゲップとか説が色々のようです。

その中で気になったのが"飛行機雲"でした。

飛行機雲......イメージとしては夏の風物詩って感じなのですが、これはどういう関係なのだろう? と思って見ていたらなるほど。

軍用機や輸送機、ジェット機が飛行機雲を作ると何万平方kmもの大きさになるそうです。

そしてそれは高層の巻雲のようになる事例もあるとか。

その巻雲が地表からの赤外線を反射し熱が地表に留まる、というものだそうです。

世界ではそれこそ毎日数千、数万の飛行機が飛んでいると思うので、チリ(?)も積もればなんとやらなのでしょう。

普段何気なく見上げていた飛行機雲は直ぐに消えて儚いようにも思っていたのですが、自然にも大きな影響を及ぼしていたんですね。

印象変わるかもです。
2018
09/07

生体認証~パスワード管理~

こんにちは! ほけんのグッチーくんです。

最近は保険でもタブレットでの申し込みが増えまして、ペーパーレス化が進んでいます。

タブレットだと紙での保管物が少なくて、これからは環境保護と相まってどんどんと導入されていくのでしょう。

しかしこれは皆さん......いえ世界中での問題だと思うのですがIDとパスワード管理が大変過ぎます。

私物のデバイスも、お気に入りのサイトもどこもかしこもIDとパスワード。

かといって手を抜くのも若干の不安が残るというジレンマは、継続して抱える問題故にストレスですよね。

そんな悩みを解消するべく、今世界のIT大手の代表者達や識者が集まって、生体認証などで統一規格を作ろうという話し合いがされています。

本当に実現して欲しいです! せつに。
2018
09/05

オプジーボ

こんにちは! ほけんのグッチーくんです。

本庶佑さんのノーベル生理学・医学賞授賞で、オプジーボに注目が集まっています、嬉しいニュースですね。

ガンに有効で、薬での治療で5年生存率が16%も上がったのは業界の方も驚きとか。

詳しい仕組みはよくわからないのですが、要するに自己免疫機能には"ブレーキ"にあたるものがあって、それを外していくことで免疫がガン細胞を攻撃していく、というものみたいです。

ただ誰でもオプジーボでの治療を受けられるというわけではなく、いくつかの条件があって、肺がんや胃がんなどガンの部位にも制限があるとのこと。

まだ受けられるのは一部の患者さんのみという状況なのだそうですが、さらに研究が進んでより多くの方が受けられるようになるといいですね!
2018
09/04

知恵袋


こんにちは! ほけんのグッチーくんです。

"鳥が低く飛ぶと雨が降る"こんな言葉を聞いた事はありませんか?

うーん民間伝承? おばあちゃんの知恵袋?

なんて思ったりもするのですが、これはそこそこ実用的なのだそうです。

というのも自然界の流れを考えるとわかるのですが、雨雲が近づくと鳥のご飯となる虫の羽が湿度で重くなるのだそうです。

虫の羽はとても繊細なので反応してしまうのでしょうね。

それで全体的に虫が低く飛んでいる、もしくは地上で休んでいるケースが増えるので、人間が目視しやすい鳥は雨雲が近づくと低く飛んでいるように見えるのだそうです。

はぁ~色々と繋がっているのですね。

自然の大きさと、先人達の知恵を感じました。