2018
09/30

子どもの教育を援助する制度(奨学金制度)

こんにちは。

茨城県つくば市にあります、保険と相続と住宅ローンの相談室、 ほけんのグッチーくん
ファイナンシャルプランナーの藤井です。

今回は、子どもの教育を援助する制度についてお話しします。


みなさん、奨学金制度ってご存知ですか?


名前は聞いたことがあるけど、良く知らない。。。

大学生のお子さんが、いらっしゃるご家庭でしたら、必ず聞いたことがあるワードだと思います。

また、高校3年生のお子さんが、進学を考えた時も、ちょくちょく出てくる言葉です。

子どもが進学して勉強をしたくても、経済的に余裕がない。そういったご家庭にとって強い味方になる制度です。


だだし、問題もあったりします。



困ったときに援助をしてくれる制度ですが、無償で貰えるわけではなく、お借りするのです。借金を抱えるわけです。



誰が借金を抱えるのか?


そうなんです。奨学金の申し込み者は、お子さん本人となるのです。卒業後に本人が返済していくのです。
(返済義務のないものもありますが)


奨学金を受けるためには、審査があり、採用となり、低い金利(又は無利息)でお金が借りられるようになります。

そして、めでたく進学、進級、卒業となります。



実はそこからが大変。。



卒業後には就職。そこから返済が始まります。

大卒の初任給は、平均で20万3,400円です。(平成28年賃金構造基本統計調査より)

各種保険、所得税、住民税など必ず引かれるものを入れると、手取りで16万円ほどでしょうか?

さらに、家賃、生活費、交際費、食費、通信費、などが約14万円。(首都圏新入社員平均は13~15万円)

これらを差しを引くと・・・

残りは、2万円ほどとなります。


例えば、ある奨学金制度から、月額10万円を4年間分借りたとします。

返済額は、月2万6千円(返済年数20年。繰り上げ返済などがなかった場合)となります。


年を重ねる毎に昇給がありますし、この生活に慣れ、余裕は出てくるとは思いますが、

この生活が42歳まで20年続くわけです。


42歳になるまでのイベントを考えると、結婚、出産、家の新築・・・など


そして、子どもの教育ローンです。。。涙


行き当たりばったりでは、解決できない問題です。

奨学金の場合、大切なのは、20年後の将来を見据えて、事前に計画を立てて借りることです!

学校へ行けるための奨学金ですが、学校へ行く理由は、将来のために学問を学ぶことですよね。

将来の生活が犠牲になってしまっては・・・


現在返済中の方は、他のローンも含め、将来を見据えた計画を立て直すことが必要だと思います。


現在のご本人の幸せ、将来の大切なご家族の幸せのために、ライフプランをお考えになることをお勧めします。