2018
10/19

万一の家族の生活資金

こんにちは! ほけんのグッチーくんです。

今回の統計データはこれです! "万一の場合の家族の必要生活資金の推移"です。

家族の大黒柱に何か起きた時、残されたご家族のために必要だなと考えている生活費についての調査ですね。

言われてみれば確かに、ご自分のケースなら思いつくかもしれませんが世間での数値も気になります。

なのでその推移を見ていたのですが、なるほど......

平成9年~27年のデータなのですが、全体的に減ってきていますね。

平成9年で年間必要額が約420万で、総額が7000万を越したくらいですね。

世帯主に万が一があった時に、年間400万円位いるので単純計算で15年~17年程の生活資金を残したいという考えだったのですね。

それが平静27年になると年間必要額が約300万、総額が5500万程になっています。

なるほど......まず年間必要額が年々徐々に下がっていき、平成27年では100万円も下がっています。

これはデフレとか共働きのご家庭が増えたのが関係しているのでしょうか。

そして総額を割合で見てみると約17~18年分なので、世帯主が生活費を残したいと思う年数の変化に大きな変化はないようです。

世帯主さんの家族に対する思いは、例え時代が変わっていこうとも変わらないんですね!

そういった思いを持つご両親が保険の相談によくいらっしゃるので、ほけんのグッチーくんで生命保険のご相談をお待ちしております。