2018
10/22

老齢年金のお話し

こんにちは。

茨城県つくば市にあります、保険と相続と住宅ローンの相談室、 ほけんのグッチーくん
ファイナンシャルプランナーの藤井です。


今回は、老齢年金についてお話しします。


一昔前までは、悠々自適に年金生活なんて言葉をよく聞きましたが、少子高齢化に伴い、
年金受給の不安や介護の不安が先立ち、悠々自適どころか、全く先が見えないお先真っ暗感が強くなる、今日この頃です。

さて、突然ですが、あなたの老後は大丈夫ですか?


生活に余裕のある老後が迎えられそうですか??


あなたがサラリーマンや、その奥様でしたら、定年された後の生活です。。

年金がもらえるから大丈夫!!などと言う方は、もはや、いらっしゃらないと思いますが・・・


老後になって、夫婦お二人の生活で、収入はいくらあったら足りるのでしょうか?

人生80年、女性は90年近くになっているのが、今の日本の平均寿命です。

定年退職後、20年~30年の余生が残っているのです。


この残りの人生をどうやって過ごしていくのか、また、過ごして行けるのかは、
私を含めてですが、今から真剣に考えていく必要があると、最近本当に感じています。


老後の生活資金となる年金ってどんなものがあるのでしょうか???


年金とは・・・

老齢年金(ろうれいねんきん)とは、老後の生活保障を目的とし、所定の年齢に達することにより支給される年金のことです。
年金保険料を支払っていると、高齢になったとき年金(老齢年金)を受け取ることができます。


2つの年金制度(高齢になってお金を受け取れる)

①国民年金(日本の公的年金)   「老齢基礎年金」払込期間は20歳~60歳未満
②厚生年金(会社員、公務員など) 「老齢厚生年金」払込期間は在職中(最長70歳になるまで)

その他、私的年金(生命保険など) (養老保険) 払込期間は契約~60歳



国民年金に加入している人は老齢基礎年金、
厚生年金に加入している人は老齢基礎年金と老齢厚生年金を受給することができます。



年金を受給するための条件は?(日本年金機構 出典)

老齢基礎年金
20歳から60歳になるまでの40年間の全期間保険料を納めた方は、65歳から満額779,300円の老齢基礎年金が支給されます。
60歳までに保険料を納めた期間、保険料を免除された期間と合算対象期間とを通算した期間が10年間(120月)以上あることが必要です。


老齢厚生年金
厚生年金の被保険者期間があって、老齢基礎年金を受けるのに必要な資格期間を満たした方が65歳になったときに、老齢基礎年金に上乗せして老齢厚生年金が支給されます。



老後に必要な最低限のお金は、月にいくらぐらいあればいいのでしょうか???
今後の未来のために将来設計を含めたライフプランニングを作成してみてはいかがでしょうか。