2018
10/23

幼児教育無償化について

こんにちは。

茨城県つくば市にあります、保険と相続と住宅ローンの相談室、 ほけんのグッチーくん
ファイナンシャルプランナーの藤井です。


今回は、2019年10月から実施される、幼児教育無償化についてお話しします。

最近ニュースなどでも取り上げられている、幼児教育無償化ってご存知ですか?

お子さんが、幼稚園、保育園などに通う子育て世代にとっては、とてもうれしい制度です。


いつから始まるの?


2019年4月から先行一部無償化を開始し、2019年10月から全面実施するようです。
これは、2019年10月から消費税が10%になる予定がありますので、
この時期に幼児教育無償化を開始して、子育て世代の経済負担を少なくするためです。


全員が対象なの?


以下のように、子どもの年齢や、幼稚園、保育園、などの施設により変わります。


0~2才(保育園)

※住民税非課税世帯のみが対象となります。

【認可保育園・認定こども園】は無料。
【認可されていない保育施設】は、42,000円までは無料。


3才~5才(保育園・幼稚園)
すべての子供の利用料が対象。
※所得制限はないので、全世帯が対象。
ただし、施設の種類により補助金額に上限があるケースもあります(完全無料とはならない?)

 【認可保育園・認定こども園】は無料。上限なし。
※【認可されていない保育施設】は、利用料37,000円までは無料。
※【幼稚園】は、利用料25,700円までは無料。(上限を超えた部分は自己負担)

※は、補助を受けるためには、自治体からの認定が必要。

※※幼児教育無償化の制度は、申請の手続きが必要となります。



「幼児教育無償化」という言葉だけでは、実際にはご自分の家庭が、
どんな無償化の対象になるのか分かりませよね。。

この制度に限らず、申請しないと活用できないものや、知らないと損をしてしまうようなものがたくさんあります!

対象者が全員、平等に、自動的に恩恵を受けられるようになればいいのに。。。と思いませんか?